ひがなり雑記帳

電車オタク兼飛行機オタク兼アイドルオタクの暇人のブログ。

9/24 E257系500番台による「かいじ188号」

世間は3連休だそうですがFラン国公立の私にそんなものはありませんでした。まあ大学名を出せるほど良い大学でないっていうコンプレックスは置いといて、空きコマで幕張(幕張とは言ってない)の257を撮りに行ってまいりました。

【9068M かいじ188号 E257系500番代NB-11編成】

f:id:ComExp2133:20180924215154j:plain

やっぱこの時間はもうだめですね()。まあ授業がなければ甲州まで行ったんですが。個人的に悲しかったのは回送を撮りそこねたことでしょうか、せっかくMHいただいたのに(笑)。

まあ何はともあれ千葉にいた頃から慣れ親しんだ車両に引っ越し先でも会えるのは何かの縁を感じました(こなみ)。まあ189のあずさに比べると不人気すぎてちょっと気の毒だったのはありますね(笑)。でも個人的には257はどちらも好きなのでまた来てね。

 

まあこんな感じです。ではまた。

9/22 臨時快速「さわやかウォーキング」運転

本日、快速「さわやかウォーキング」が静岡→南甲府甲府→静岡で運転されました。まあこんな事でもないと身延線を撮ることもないので手軽に撮りに行ってきました。

【回9727M F6編成】

f:id:ComExp2133:20180923191021j:plain

全くやる気のなかった送り込みは回送表示かと思いきや専用の絵幕でやってきました。

 

【9726M 快速「さわやかウォーキング」静岡行】

f:id:ComExp2133:20180923191025j:plain

本運転もなかなか微妙ですね。まあきっとまたいつか撮れますよね。

f:id:ComExp2133:20180923191300j:plain

f:id:ComExp2133:20180923191255j:plain

ちなみに甲府駅はどんな表示を出すのかと思ったら快速表示でした。

 

以上です、ではまた。

特急「つがる」乗車レポ

奥羽本線の青森~秋田を1日3往復という何とも秋田支社のやる気のなさが露呈している本数で運転されている都市間特急「つがる」に久しぶりに乗車できまして、せっかくなので乗車レポを書いておこうと思います。

 

・使用車両

f:id:ComExp2133:20180914183219j:plain

2000年に「スーパーはつかり」として華々しいデビューを遂げたE751系です!2年後に「つがる」として再デビュー、東北新幹線全線開業後は少し間をおいてかつての「かもしか」を引き継ぐ形で現在に至ります。普段はE257を追いかけている私ですが幼少期からの数えきれない思い出もあり、E751は一番好きな特急車両でもあります(聞いてない)。

 

・運転区間

前述のように青森~秋田です。停車駅は新青森、浪岡、弘前大鰐温泉碇ヶ関、大館、鷹ノ巣二ツ井東能代森岳八郎潟、秋田です。

 

・料金

B特急料金です。新青森での東北・北海道新幹線との乗継割引もあります。ただし秋田での秋田新幹線との乗継の設定はありません。

なおとにかく本数が少ないせいで、新青森から弘前・秋田方面にスムーズに乗り換えができる新幹線は以下の列車に限られています。

【東京・仙台・盛岡方面から】

はやぶさ95号(新青森9:02着) → つがる2号(新青森9:11発)

はやぶさ11号(新青森12:35着)→つがる4号(新青森12:48発)

はやぶさ21号(新青森15:29着)→つがる6号(新青森16:06発)

 

新函館北斗方面から】

はやぶさ12号(新青森8:35着)→つがる2号

はやぶさ30号(新青森15:50着)→つがる6号

 

まあ車両が少ないせいでもありますが弘前、大鰐、大館方面にこれ以外の時間帯で行きたければ普通列車なり快速なりに乗れってことなんですよね。がっかり。

 

 

・車内

お待たせしました、それでは乗車レポに入っていきます。

f:id:ComExp2133:20180922214450j:plain

普通車はこんな座席です。まあ座るとE257とかとそんなに変わらないです。もちろん決して悪くないですよ。ちなみに秋田側1号車には多目的室がついています。

f:id:ComExp2133:20180922214637j:plainこの辺もE653とかE257とかと似てますね。まあ若干表示の仕方に違いはあるんですけどね。

f:id:ComExp2133:20180922214739j:plain

続いてグリーン車はこんな感じ。485系3000番台やE257系、789系などと同様に半室グリーン車です。この時は乗客が私一人しかいなくて何倍にも快適に感じられました(笑)。それはおいといて実際に座るとグリーン料金を払う価値がありまくりでした。椅子も柔らかくリクライニングは深い、幅も広めと文句なしです。

なおかつて

comexp2133.hatenablog.com

こんな記事を書いております。あずさグリーンは何があれかって、編成の中間位置に連結されているせいか人通りがそれなりにあるんですよね。私があずさグリーンに乗ったときは普通車から子連れが何組も来て何故か何回も行ったり来たりしてて正直鬱陶しかったのですが、つがるのグリーン車は先頭車両の半分なので人の出入りがほとんどなく快適です(普通車と反対側の仕切り扉を開けると運転席だから開けないでね)!

 

さてE751の乗り心地ですが、賛否両論あるので一概にいうのもアレですが個人的には悪くなかったと思います。2000年のデビューということで所々ほころび等は気になりますが、まあいくら秋田支社とはいえ修繕はしてくれるでしょう()。願わくは軽めのリニューアルや255系のように機器更新などをしてこれからも末永く本州最北端で走り続けてほしいものです。

なお、つがるでは指定席に座ってもグリーン車に座っても車内改札はあります。まあ秋田支社の上の方は・・・でも現場の方はみんな良い対応をしてくださるので大丈夫です(何が)。

またつがるでは車内販売はありません。予め飲食物は買っておきましょう。秋田駅では今でも駅弁屋さんの立ち売りが健在ですので秋田からご乗車の方はそれを買うのもいいんじゃないでしょうか、かなりおいしかったですよ。

景色についてはお楽しみにしていただければとは思いますが、青森方面から秋田方面に向かうと山を抜けて津軽平野に出た時の岩木山雄大さとリンゴ畑だけは自信をもってオススメいたします(笑)。

 

だいたいこんな感じですね。

ではまた。