ひがなり雑記帳

鉄道や飛行機、SKE48、乃木坂46が好きなおじさんが気ままに更新していくブログ。

津軽海峡線の定期旅客列車の廃止によせて

初めに言っておきます。

なんだこのくっせぇ記事(・_・)

はい、こんばんは。最近ブログ放置気味でしたね。笑

昨日をもって津軽海峡線の「はまなす」「カシオペア」「スーパー白鳥」「白鳥」は廃止されました。ご存じの通り、北海道新幹線の開業の為です。
…まぁ千葉県民の私が書く事なんてそーんなにないんですが、白鳥とスーパー白鳥に対してはないようであったりするんで記事にさせていただきます。

f:id:ComExp2133:20160321232054j:image
f:id:ComExp2133:20160321232108j:image
f:id:ComExp2133:20160321232130j:image
f:id:ComExp2133:20160321232435j:image
f:id:ComExp2133:20160321232459j:image
はははははゴミ写真しかねぇよいぇーいwwwww

「北海道にお越しのお客様を本州までお迎えにあがる」という使命を背負い、津軽海峡をイメージしたかっこいいロゴを誇らしげに14年走り続けてきた「Hokkaido Express Advanced Train (HEAT)」こと789系。1年間だけではありましたが、国内の狭軌最速列車としても活躍しましたね。
私的にはJR北海道の傑作とも言える789系の名脇役として、それまでの保留車から大きく生まれ変わった785系300番台。
国鉄時代から走り続け、リニューアルされて長距離顔のイケメンに生まれ変わってからもおよそ20年もの間、オールマイティに駆け回った大ベテラン、485系3000番台。

雨にも風にも負けず、北国の雪にも過酷なトンネルの環境にも負けず、今日まで走り続けてきた名列車たち。
八戸や新青森から弘前まで帰るとき、新幹線から降りてきた私をいつも迎えてくれたのは、つがるだけでなく白鳥やスーパー白鳥でした。
「おかえり!よく帰ってきたね。」「やあ、久しぶり。」「弘前まで気をつけて( ∩՞ټ՞∩) ンフ~~」「あざいw 今度は函館まで乗りに行くからね!」彼らと私はこんな会話でもしていたんでしょうか(少なくとも心の中ではしてましたねハイ)。

だからこそ、次に青森に帰った時に特急はE751系しかいないんだなぁと思うと本当に寂しい限りです。東北新幹線新青森に来た時なんて、青森駅に来る特急は789系と485系3000番台と785系300番台だけだったのに。笑 
白鳥の運転士さんが古びた車両に抱きついてる写真などを見ていると、何だか胸に込み上げてくる物がありました。青函連絡特急は皆から愛されていたんだなぁ。自分も最後くらい抱きつきt(ピチュー ン
思えば真夏に乗った485系3000番台でエアコンが故障したのもいい思い出だなぁ(あんな灼熱地獄は2度と味わいたくないけど)。

今年の冬に帰省した時に、青森の従兄弟は「修学旅行の時、新幹線で北海道さいぐんだよ〜!」って嬉しそうに話していました。
新幹線は皆に笑顔を運んでくる…それは北陸新幹線東北新幹線九州新幹線が開業する度に思ってきたことです。今回も、きっと沢山の人が笑顔になる。きっと、それはそれまで笑顔を運び続けた在来線の英雄がいてこそなのかもしれませんね。(?)

スーパー白鳥としての任務を終える789系・785系300番台。白鳥としての任務と共に奥羽線の「つがる」の任務も終える485系3000番台。彼らの人生(車生?)は拍手喝采を送るに相応しいものだと思います。もちろん、それはどの車両にも言えることだしまず789系は引退しないっていう。

最後の姿を見送る事はできなかったけれど、終点まで無事に走りきれたようで何よりです。急行はまなすも、無事に札幌に到着できますように…。


ありがとう、スーパー白鳥
ありがとう、白鳥。
ありがとう、青函連絡列車。

本当にお疲れ様でした。










なんっか締めが甘い(´・_・`)
締めが甘いこんなくっせぇ記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

2016.03.22. 追記&訂正